日本総研のインターンシップ 金融×セキュリティコース

プログラム内容

サイバーセキュリティ分野において、専門的な知識と実践的な経験を深められる、集中的な就業型インターンシップ。「セキュリティ運用のためのマルウェア(悪意あるソフトウェア)の解析」など実務に即した内容で、自然言語解析を応用したサイバー攻撃傾向分析といった、最先端技術を組み込んだ課題に挑戦する機会も設けた。担当プロジェクトはメンターとの相談のうえ、学生の興味・関心、技術、知識、経験などに応じて決定。

概要

学生受け入れ日数10日間
報酬・支給報酬の支給あり/交通費の支給あり/宿泊費の支給あり
開催形式一部オンラインで実施
対象制限なし

プログラムの特徴

■事前学習
メンターとのコミュニケーションを重視したオリエンテーションを行い、インターンシップ開始の2週間~1ヵ月ほど前に面談を実施。テーマに関する詳細な説明のほか、事前学習の必要性がある場合はメンターから指導やアドバイスも行った。また、希望に応じてセキュリティに関するより詳細な業務説明をする場も用意。

■社員との交流
毎日、メンターとのディスカッションの機会を設定。業務の進捗状況についてレビューするほか、フィードバックや意見交換を行った。また、若手との座談会やランチ会を定期的に開催。オフィスは座席がフリーアドレスで、SMBCグループや委託先も含め、さまざまな社員と気軽に会話できる環境が整っているのもポイントだ。

■フィードバック・事後学習
日々のフィードバックのほか、最終報告会では管理職の社員などから、振り返りとともに今後のキャリア形成に役立つアドバイスを提供。また、インターンシップ後も気軽に質問できる専用窓口を設置したのも特徴だ。そのほか、インターンシップがきっかけで、大学との共同研究を立ち上げる取り組みもスタートした。

「学生が選ぶ
キャリアデザインプログラムアワード」
運営事務局

MAIL:job-internship-award@mynavi.jp
job-isaward-gakusei@mynavi.jp(学生用問い合わせ窓口)
TEL:03-6267-4531(受付時間:平日10:00 - 17:00)