デザイン集団「ASURA」

プログラム内容

就業体験ではなく、学生の興味や地域の課題、社会ニーズに基づき、産官学連携で進めていく超実践型のプロジェクト。学生が主体となって、コンセプトや目標設定、各種デザイン、各所との予算交渉・決算、成果報告などを行った。「阿修羅喫茶」の立ち上げ、公共施設でのナイトプールの開催、「川の駅」の再生、空き家物件のリノベーションなど、さまざまなプロジェクトが誕生。1年次でのプロジェクト参加率は、4割以上を誇る。

概要

学生受け入れ日数通年実施(プロジェクトにより若干異なる)
報酬・支給報酬の支給あり/交通費の支給あり/宿泊費の支給あり/食事代の支給あり/その他
開催形式すべて対面で実施
対象受け入れ先によって異なる

プログラムの特徴

■事前学習

新入生に向けて、毎年4月にプロジェクトのオリエンテーションを複数回開催。どのような地域の課題に対して、どういった企業や団体とともに取り組みを行っているのかを紹介した。また、新規プロジェクトがスタートする際は、共働する企業や団体がプロジェクトの意義、目標、学生にとってのメリットなどの説明を行った。

■社員との交流
共働する企業や団体の代表者や担当者と直接交渉を行い、計画を実行していくなど、実際の業務と同じように、ビジネス相手とコミュニケーションが図れるよう徹底した。そのほか、経営者と学生のトークイベント、企業プログラムへの参画、著名デザイナーとの交流会など、キャリア形成につながるさまざまな機会を設けた。

■フィードバック・事後学習
Slackを用いて教職員や関連企業・団体と学生が連絡を取り合っており、通年を通してフィードバックを実施した。また、全体会議や報告会議なども定期的に開催。プロジェクトの節目のタイミングには、関係者一同が集まって反省会を行い、評価点や改善点を明確化して、次年度への目標設定へとつなげている。

「学生が選ぶ
キャリアデザインプログラムアワード」
運営事務局

MAIL:job-internship-award@mynavi.jp
job-isaward-gakusei@mynavi.jp(学生用問い合わせ窓口)
TEL:03-6267-4531(受付時間:平日10:00 - 17:00)