NEWS

徳島大学実践力要請型インターンシップ

徳島大学

プログラム内容

徳島県内の企業や団体が抱える経営課題に対して、受け入れ企業の担当者と学生チームが約8カ月間に渡って協働し、課題の解決を目指すプロジェクト。インターンシップコーディネーターが企業と学生の橋渡し役となり、プロジェクトの設計や運営に伴走しながら細やかなフォローを行うことで、両者にとって成果が得れるような仕組みを整備した。

概要

学生受け入れ日数合計30日程度
報酬・支給なし
開催形式一部オンライン
対象原則制限なし(※受け入れ企業により異なる)

プログラムの特徴

■事前学習
コーディネーターが県内の企業を訪問し、それぞれの企業の事業特性や社風を生かしたインターンシップのプログラムを設計。受入企業が揃ったタイミングで、企業を大学に招き、企業と学生をマッチングするための説明会を実施。学生との交流や企業の抱える課題の共有などを行うと同時に、インターンシップの目的理解、社会人としての基本マナー研修などを実施した。

■社員との交流
受入企業の社員と協働しながら各プロジェクトが進むため、常に社員とのコミュニケーションが行える環境が準備された。さまざまな職種や多様やキャリアをもつ社員との交流を通じ、仕事内容の理解を深めていった。
また、各企業のインターンシップに参加している学生と、受け入れ企業の担当者、さらに大学教員が参加する定期的な共有会や報告会を実施。プロジェクトの進捗共有、意見交換が行われ、改善に向けたPDCAが同時に行われた。

■フィードバック・事後学習
インターンシップ参加後は、企業担当者とコーディネーターから学生へのフィードバックが行われた。また、プログラム終了後の最終報告会では、学生自身がインターンシップを通じて成長したポイントや経験を言語化し、レポーティングと面談を実施。さらに、「参加して終わり」ではなく、卒業後のキャリアにつなげる支援など、企業との関係性を長期的に継続できるように工夫されている。

「学生が選ぶ インターンシップアワード」
運営事務局

MAIL:job-internship-award@mynavi.jp
job-isaward-gakusei@mynavi.jp(学生用問い合わせ窓口)
TEL:03-6267-4570(受付時間:平日10:00 - 17:00)