開催報告「学生が選ぶインターンシップアワード」
実行委員長 林 俊夫氏

昨年以上に学生の声を多く反映し
厳正な審査を実施

学生が選ぶインターンシップアワード、皆様のお陰様を持ちまして2回目を実施するに至りました。

このアワードは、インターンシップを含めた学生に対するキャリア観の醸成・キャリア教育に重要性が高まる中、「そもそも学生にとってのインターンシップはどのようなものが有益なのか」という点に関して、アワードという形で優秀なプログラムを選出させていただく中で、方向性を示し、さらなるインターンシップの普及・促進をさせていただくための取り組みです。

昨年と同様に、経済産業省、厚生労働省、文部科学省および日本経済新聞社より後援をいただき、第2回の今年も、応募社数223社・応募プログラム数287プログラムという、数多くの企業様よりご応募いただきました。厳正なる審査を経て、本日表彰させていただく運びとなっております。

プログラムの審査にあたっては、昨年以上に学生からの声をより多く反映し、非常に厳正な形で審査をさせていただきました。今年はその厳正な審査の中から、6社の優秀賞、6社の入賞を選出いたしました。本日は、優秀賞受賞企業のご担当者様から実施いただいたプログラムについて講演いただきます。

適切なマッチングのために
重要性を増すインターンシップ

このインターンシップカンファレンスにつきましては、アワードの表彰式の他にも様々なコンテンツを予定しております。どのコンテンツも、さらなるインターンシップの普及に向けて皆様の参考になる内容かと存じます。

インターンシップに関わるキャリア観の醸成、そして後ほどに控える企業と学生との適切なマッチングのためにこのインターンシップ自体はさらなる重要性を増していると認識しております。

このアワード自体は、実施主体である大学や企業の声ということではなく、参加主体である学生の声を反映したものということで、インターンシップ関連で議論が高まる中、意義深い取り組みであると自負しております。少しでもご検討していただいているインターンシップに関して皆様に示唆を与えられる、もしくは参考になる内容としてお届けできればと思います。

「学生が選ぶ インターンシップアワード」
運営事務局

MAIL:job-internship-award@mynavi.jp
TEL:03-6267-4570(受付時間:平日10:00 - 17:00)